仮説実験授業研究会

ようこそ! 仮説実験授業研究会の準公式サイトへ

 このサイトは,「仮説実験授業」と,その研究を進めている「仮説実験授業研究会」について紹介するサイトです。 →お問合せはこちら

自然科学(理科)の授業プラン

「分子模型をつくろう」
「分子模型をつくろう」
原子・分子の1億倍実体積模型を使った授業は,いまでは仮説実験授業の重要な特色の1つとなっています。仮説実験授業をやっている人たちは,何かというと分子模型を組み立てます。由良製作所製のプラスチック模型も使いますが,発泡スチロール球で自作することも続いています。
『分子模型をつくろう』(平尾不二夫・板倉聖宣共著/仮説社)のほか,『分子模型を作ろう』(小樽分子模型の会/自費出版)や『正男君の分子模型づくり日記1〜4』(山田正男 著/自費出版)もあります。入手方法はお問い合わせください。

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP